廃車のチェックポイント

外車を高額で買い取ってくれる業者を見つけたいなら・・・

最大10社から一括査定できるサービスを利用してください。
査定0円の車が10万円程で売れることも少なくありません。

>>人気急上昇中の一括査定サイトはこちら

廃車のチェックポイント

外車,買取,相場,廃車,手続き

車が故障したり、水没して動かなくなったり、多走行の

状態になると、多くの方は廃車することを選びます。

 

ただ、数万円程度で売れる場合があるにもかかわらず、
愛車の価値をわからずに処分していることもあるので、
お得な機会を逃しているケースが多々見受けられます。

 

不動車を買い取ってくれる業者も珍しくないのにです。

 

当サイトでは、廃車をする前にオンラインの
無料一括査定を利用して、複数の買取業者
から査定を受けることをおすすめしています。

 

しかし、それでもまったく売れなかったケースの
ために、廃車のチェックポイントを説明します。

 

廃車の手続きに必要なもの

 

廃車の手続きには、以下2つが必須です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証

 

ここでチェックしておきたいポイントは4つあります。

 

外車,買取,査定,廃車,書類

車検証の所有者名義

 

 

車検証の所有者名義を確認してみましょう。

 

実際に車を使っているのがあなたであっても、
車検証の所有者名義がディーラーや中古車販売店、
信販会社の場合、廃車の手続きは基本的に行えません。

 

銀行などから借り入れを行っている場合
所有者名義はあなたになっていますので、
廃車の手続きを行うことができます。
※譲渡も可能です。

 

廃車をするためには、
残りのローンを一括返済する、あるいは、
ローンを他社のものに組み替える必要があります。

 

 

外車,買取,査定,廃車,書類

車検証の有効期間

 

 

車検証の有効期間を確認してみましょう。

 

有効期限を過ぎている場合には、公道を走ってはいけません。

 

法律違反になってしまうからです。

 

その場合、陸送することになります
が、運送費用がかかってしまいます。

 

 

外車,買取,査定,廃車,書類

自賠責保険の有効期間

 

 

車検証の有効期間が過ぎていても、自賠責保険証の
有効期間が残っていれば、仮のナンバープレートを
申請して公道を運転することができます。

 

その際、役所で申請手続きをすることになります。

 

 

外車,買取,査定,廃車,書類

抹消登録

 

 

廃車するためには、抹消登録が必要になります。

 

それには、永久抹消登録一時抹消登録の2つが
ありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

<永久抹消登録>

 

車そのものの価値がなくなったときや、
二度と乗ることがない場合に登録します。

 

手続きには、解体業者が発行する解体届が必要です。

 

普通自動車は運輸支局で、軽自動車は
軽自動車検査協会にて手続きを行います。

 

手続きが完了すると、公道で運転することはできません。

<一時抹消登録>

 

一時的に車の使用をやめる場合に登録します。

 

普通自動車は運輸支局で、軽自動車は
軽自動車検査協会にて手続きを行います。

 

手続きが完了すると、公道で運転することはできません。

 

ただ、中古車の新規登録の申請を行えば、
再び運転することが可能になります。

 

一時抹消登録を行うことで、自動車税や
自賠責保険の支払い義務がなくなります。

 

自動車の抹消登録手続きを早く済ませることで、
自動車税や自動車重量税(永久抹消登録のみ)、
自賠責保険料金が月割で返還されます。

 

このように、廃車手続きを自分で行う場合は、
必要な書類を揃える必要があり、また、運輸
支局まで足を運ぶ手間もかかります。

 

それだけでなく、解体料や抹消登録手続き費用、自動車
リサイクル料など多額のお金を用意しなければなりません。

 

ですので、愛車に価値がないと思っていても、まずは
無料一括査定サービスを利用して、複数の買取業者
から買取ってもらえるか否か試してみてください。

愛車の査定額を今すぐ知るには・・・

たった1分の入力で今すぐ概算査定額がわかります!
めんどくさがりでも交渉下手でも高価買取!

>>無料で簡単超スピード査定はこちら