買取と下取り

外車を高額で買い取ってくれる業者を見つけたいなら・・・

最大10社から一括査定できるサービスを利用してください。
査定0円の車が10万円程で売れることも少なくありません。

>>人気急上昇中の一括査定サイトはこちら

買取と下取りはどちらがお得?

外車,買取,下取り,査定

「外車は、買取と下取りのどっちの方が高値で売れる?」

 

こんな疑問を持つ方も少なくありません。

 

買取と下取りのどちらの方が高値で買取ってくれるのか、
初めからわかっていたら、なるべく手間をかけたくない
ので、高額で売れる方からのみ査定を受けたいですよね。

 

ただ、車種や年式、ボディカラー、走行距離をはじめ
とする車の特徴、引き取り先の業者、時期などによっ
て買取額が決まるので、正解はありません。

 

もちろん100%ではありませんが、下取りと買取では、
後者の方が高額で売れる傾向があることがわかっています。

 

例えば、無料一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」では、
2015年7月1日〜2016年1月31日時点のアンケートから、
下取りより平均17万円お得に売れたデータが取れています。

 

ここでは、ディーラーで下取りしてもらう場合
よりも、車の買取業者を利用した場合のほうが
高額で売却できる傾向の理由を説明しています。

 

ディーラーの場合

 

通常、新車を購入するときは、今まで乗っていた
車をディーラーに下取りしてもらうことが多いです。

 

中古車を売却したのと同じ店で、そのまま
新車の購入資金に充てることができます。

 

ディーラー側も、下取りをした方が、お客さんを次の車の購入に
結びつけることができる点で大きなメリットがあります。

 

買取業者との相違点は、大きく分けて2つあります。

 

  • 展示コストと在庫費用
  • 仲介手数料

 

ディーラーや中古車販売店は、再販を目的にしている
ため、展示スペースを設けていることが大半です。

 

すると、車体を清掃したりメンテナンスに費用がかかります。

 

時間が経つと車検が迫ったり年式が古くなる
など、次の購入者を見つけるのが難しくなる
ため、売れ残り在庫を負担してしまいます。

 

さらに、ディーラーが下取りした車は、同じ
メーカーを取り扱う中古車販売店に売却される
ので、仲介手数料(中間マージン)が取られます。

 

このように、中古車ディーラーは抱える
費用の負担が多く、中間金も取られるため、
査定価格は低くなる要素が沢山あります。

 

買取業者の場合

 

外車,買取,下取り,査定

外車の買取業者は、次に乗る車を購入する

予定がなくても愛車を引き取ってくれます。

 

ディーラーとの相違点は、以下2つです。

 

  • 展示コストや在庫費用の負担がない
  • 販路が確立されている

 

買い取った車をオークションに出品するため、
固定費の負担がほとんどありません。

 

また、現金化するまでの流通経路が確保されている
ので、高額な査定価格を提示してくれやすいです。

 

無料で自宅まで出張買取に来てくれたり、
名義変更などの手続きをすべて代行して
くれるのもこうした要因があるからです。

 

結局どちらがお得なのか?

 

買取業者の方が高額で引き取ってくれる傾向があります。

 

その差額が10万円以上になることも珍しくないです。

 

外車,買取,下取り,査定最高額を提示してくれるところを知りたい
外車,買取,下取り,査定名義変更などの手続きの手間をなくしたい
外車,買取,下取り,査定多忙なので短時間で済ませたい

 

といった要望に応えてくれるのが、買取専門業者です。

 

無料一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を利用すると、
自宅にいながらネット上で概算価格を知ることができます。

 

「まだ売りたくないけど現時点の愛車の価値を知りたい」

 

こういう場合でも、すぐに売る必要はありません。

 

あなたの都合に合わせて、好きなタイミングで
査定を受けてみると良いでしょう。

 

最大10社に一括査定依頼ができる
ので、業者間に必然と競走が起きます。

 

交渉が下手でも高値で売却しやすくなるので、
試しに利用してみることをおすすめします。

愛車の査定額を今すぐ知るには・・・

たった1分の入力で今すぐ概算査定額がわかります!
めんどくさがりでも交渉下手でも高価買取!

>>無料で簡単超スピード査定はこちら