10万キロ 車 廃車

外車を高額で買い取ってくれる業者を見つけたいなら・・・

最大10社から一括査定できるサービスを利用してください。
査定0円の車が10万円程で売れることも少なくありません。

>人気急上昇中の一括査定サイトはこちら

10万キロ 車 廃車

10万キロ,廃車,エンジンオイル

走行距離10万キロは、中古車販売店にて車を

買い替えるときの目安にされることが多いです。

 

つまり、販売価格あるいは買取価格を決める基準になります。

 

というのも、長距離を走った車として扱われ、
部品が傷んでいたり、摩耗している度合いが
高いと判断されてしまうからです。

 

また、エンジンオイルやタイヤ交換などの
メンテナンスをしっかり行っていても、
価値が下がるのは避けられません。

 

とはいえ、10万キロを走った車でも
まったく価値がないわけではありません。

 

人気の車種やカラーで、再販したときにすぐ購入者が
見つかるような場合であれば、10万キロを超えて
いても数十万円で買い取ってくれることがあります。

 

「走行距離20万キロ以上の車を10万円前後で
買取業者に引き取ってもらえた」という方もいます。

 

このように、まったく価値がないような車でも
意外に高い査定額になることもありますので、
廃車する前に必ず見積もりをとりましょう。

 

査定を受けずに廃車するなら・・・

 

廃車は以下の手順で行います。

 

1.引取業者に車を渡す。
2.使用済み自動車引取証明書を受け取る。
3.運輸支局で永久抹消登録をする。

 

必要なものは以下のとおりです。

 

  • リサイクル券(使用済み自動車引取証明書)に記載の「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  •  

  • 永久抹消登録申請書及び解体届出書
  •  

  • 自動車税・自動車取得税申告書(不要な場合も)
  •  

  • 自動車検査証(車検証)
  •  

  • ナンバープレート
  •  

  • 手数料納付書
  •  

  • 印鑑証明書
  •  

  • 委任状
  •  

    印鑑証明書と同じ実印の押印が必要です。

     

    所有者本人が申請をする場合、委任状は不要
    ですが、実印は必要ですので気をつけましょう。

 

赤色の書類は、永久抹消登録申請の
当日に準備すれば問題ありません。

 

車検証やナンバープレートを紛失
した場合は、理由書が必要です。

 

理由書は、ネット上で無料でダウンロードが
できますので、印刷して持参すると良いです。

 

このように、廃車する場合、さまざまな書類を
用意して手続きを進める必要がありますし、
3万円程の費用がかかるケースもあります。

 

処分する前に一度買取業者から査定を受けたほうが賢明です。

愛車の査定額を今すぐ知るには・・・

たった1分の入力で今すぐ概算査定額がわかります!
めんどくさがりでも交渉下手でも高価買取!

>無料で簡単超スピード査定はこちら

関連ページ

車を高く売るためのオプションパーツ
車を高く売るためのオプションパーツについて説明しています。
最も高く売れる中古車買取査定会社は?
最も高く売れる中古車買取査定会社の探し方を説明しています。
車 出張 買取
車の出張買取についてまとめています。
個人間売買 注意点 オークション
オークションをはじめとする個人間の車の売買での注意点を説明しています。
解体 10000円 買取
解体予定の車を10000円以上で買い取ってもらう方法について説明しています。
外車 解体 引き取り
解体する予定の外車でも高額で引き取ってもらうことができます。売れる理由とその方法をお伝えしています。
車の出品で損しないための高額買取の秘訣とは?
車をヤフオクなどに出品して、取引完了後にクレーム対応に追われる方は少なくありません。高額で売れたとしても神経をすり減らすことになりかねません。では、どうすればそんな事態に巻き込まれずに高額買取をしてもらうことができるのか?その秘訣をご紹介します。
外車が売るときに安いのはなぜ?高額査定を引き出す方法
外車が売るときに安いのはなぜなのか?その理由と、高額査定を引き出すコツをご紹介します。これを読めばあなたも簡単に最高値で愛車を買い取ってもらえるでしょう。
車は解体屋より買取専門店のほうが高く買い取ってくれる?
車は解体屋と買取専門店のどちらのほうが高く買い取ってもらえるのでしょうか?ここでは管理人の体験談も含めて結論をお伝えしています。